歯の表面にプラークが固着し、その部分に唾に存在するカルシウムを始めとするミネラルといわれる成分がこびり付いて歯石になりますが、それらの発端はプラークそのものです。
口の中の唾液は、いかにもすっぱそうな物や、美味しそうな料理を目にしただけで出てくるものですが、実はムシ歯や歯茎の歯周病を防止するのに役立つのが唾液なのです。
 
インフォームド・コンセントの取り組みは、今の患者の病状を正しく捉え、それを緩和する治療内容に、主体的に打ち込みましょうという思想に依拠するものです。
歯肉炎を起こすと、毎日の歯みがきの時、リンゴを齧ったとき、歯ぐきから血が出てきたり、歯グキがどことなくむず痒いなどのこうした状況が発生します。
 
審美歯科の治療現場で、馴染み深いセラミックを使うシチュエーションには、さし歯の入替えなどが実用法としてありますが、詰め物にもあのセラミックを適用することができると考えられています。

流行の歯を白くするホワイトニング施術は、歯の外面の汚れた物質を細部に至るまで掃除した後に実施するのですが、それには自宅で自分でできるホームホワイトニングと歯医者さんで受けるオフィスホワイトニングという、施術場所の違う2つの選択肢が用意されています。
 
人間本来の噛み合わせは、ゆっくりと食べ物を咀嚼する事で上下の歯が摩耗し、それぞれ異なる顎や顎骨のかたちにふさわしい、固有の快適な歯の噛み合わせが完成します。
ホワイトニングの処置をしないケースであっても、歯にできている割れ目をほったらかしにしておくと、象牙質が傷んでしまい、外気や冷たい料理がかすめる度に痛む事があるといわれています。
 
ムシ歯の理由は、ミュータンス菌と名付けられた菌による作用なのです。口のなかにムシ歯菌が感染してしまったら、それを100%取り去るのはことさらハードルが高いのです。
プラークコントロールというキーワードを聞くと、ハミガキを想起する場合が九割方を占めると推量しますが、実際はそのほかにも豊富なプラークコントロールの処置が存在するのです。
 

口腔内に矯正装置をはめこみ、歯に一律の力を絶え間なく加えることで人工的に正しい位置にずらし、問題のある噛みあわせや歯並びを修正する手段が歯列矯正と呼ばれる治療方法になります。
眠っている時は唾液を分泌する量が特に少量で足りないため、歯の再石灰化が停滞するため、phが不安定な口腔内の中性の状態を持続することが難しくなります。
 
むし歯は、むし歯の原因菌が歯を溶かし出す進行具合に、歯を再び石灰化する働き(溶かされている歯を前の状態まで戻す効果)の速度が負けると罹ることになります
病気や仕事が原因で、疲労が溜まり体力が著しく低下したり、栄養状態の不均衡な食生活がずっと続くことにより、健全とはいえない調子になった時に口内炎が現れやすくなってしまうとのことです。
 
歯を長い間温存するためには、PMTCが非常に大切なことであり、この事が歯の治療した効果を半永久的に保存できるかどうかに、強く関わってくることも事実なのです。